ヌレギヌ

c0201257_19365946.jpg

椅子があるだけで、くつろげる空間の出来上がり。



「ゆおさんに言っておきたいことがあります」
起床してすぐ、先に起きていただんなくんにそんなことを言われました。

こちらが起きて早々言いたいこと?
不穏な雰囲気におのずと緊張してしまいます……

「W杯が開幕していることは知ってますよね?」
はい。開幕戦見ましたし。アナタは他の試合も色々チェックされてるようで。

「その通り。今日も見ておりました。寝ていたゆおさんを起こさないよう、小ボリュームでひっそりと」
それはお気遣いありがとうございます。

「そうなんですよ、気遣ってるんですよ。そんな俺にゆおさんは……」
えっ!そこで私が登場!?


『だんなくん、おならしたでしょ!』


「いきなり背中越しにそんな大声が聞こえてきてびっくりですよ」
「ゆおさんが起きたのかと思って確認しにいったら、そんな気配は微塵もなくグーグー寝てるし」
「しかもそのあとこう続いたんですよ」


『くさい!!』


「もう俺はその場ですごく言いたかったですよ……」


「してない!!」


「なので今ゆおさんにきっちり伝えておきます。俺はしてません!!」


私、知らぬ間に濡れ衣を着せていたようです☆
しっかし我ながらすごい寝言だな……

ちなみに周囲の人々曰く、私の寝言は寝言とは思えないほど はきはきしてるそうな。
誰かと旅行したときとかに、こういう事態が起こったらどうしよう……とちょっぴり不安になったのでした☆

[PR]
by moonchocolate | 2010-06-14 20:13 | 日常