瀬戸内国際芸術祭2010 -男木島-

c0201257_12165136.jpg

瀬戸内国際芸術祭に行ってきました!









c0201257_122519100.jpg

現在、瀬戸内国際芸術祭というアートイベントが開催されていることをご存知ですか?
瀬戸内海に浮かぶ、直島、豊島、女木島、男木島、小豆島、大島、犬島の7つの島と
香川県にある高松港を舞台に開催されている現代美術の芸術祭、それが瀬戸内国際芸術祭です。



c0201257_12331021.jpg

これは、作品を多く巡るならあったほうがいいかなと思われるシロモノ、
瀬戸内国際芸術祭に参加の全作品を鑑賞できるというパスポート。
作品の前には係りの方がいて、パスを見せると作品を鑑賞できるという仕組み。

パスを見せると、鑑賞済みというシルシとして、パスにハンコが押されるのですが
押されて鑑賞して、押されて鑑賞して…と繰り返しているとなんだかスタンプラリーもしている気持ちに。
なんて広大な範囲でのスタンプラリー(笑) 

そしてこのスタンプラリー、私の冒険心をかなりくすぐってくれました。
見ていると、どんなお宝(アート)が待っているのかわくわくしてきて、探しにいきたくなっちゃうというか。

ちなみに、作品ごとに個別鑑賞券もあるので、見たい作品にだけお金を払って鑑賞するということもできるし
無料で見られる作品もあるので、パスがなくても楽しむことは充分できますよー♪



c0201257_13235096.jpg

冒険にはこれが必要でしょー!

と、地図も入手してみました☆
コレ、島ごとの作品の場所と船の時刻表が載ってて、とってもお役立ちアイテムです。




c0201257_13292476.jpg

それではアイテムを持って……いざ冒険ならぬ芸術祭へ!

まず最初に私が向かったのは、男木島。
男木島へは船で向かいます。高松港から女木島(こちらも芸術祭の舞台のひとつ)を経由して約40分……


c0201257_12165136.jpg

男木島に到着!

小さな山と、その山に沿って広がる町並みに早速ノックアウト!
夏空と素敵な風景になんだかわくわく、血が騒ぎます(笑)



c0201257_021157.jpg

船から降りてすぐに、芸術作品がお出迎え。


c0201257_03597.jpg

インフォメーションを兼ねたこちらの建物。 屋根と床に落ちる影が特徴的。


c0201257_091065.jpg

実はコレ、文字なのでした。 お気に入りの文字を探してみるのも面白いかも☆



c0201257_0104960.jpg

ではいよいよ、島内散策へ!
冒険を始めましょう。


c0201257_023122.jpg

男木島の集落内の道は、基本路地。
路地好きの私としては、たいへんときめく環境です♪

そんな細くくねった道を歩いていくと……


c0201257_0305948.jpg

お宝ならぬアートをあちこちで発見!

歩いていてふいにアートが出会えるんですよ。なかなかびっくりします☆



c0201257_0371940.jpg

舞台である香川県の伝統工芸を生かしたアートもありました。
こちらは漆を使った場所。
漆工芸は各地独自の手法があるそうで、香川県の手法は漆を塗ったあと削る、というもの。
上の写真の白い丸は、黒を削ってできたものだそう。最初、白は塗ったものだと思ったので意外でした…


c0201257_0443095.jpg

こちらも香川県の伝統工芸、竹うちわの骨を使ったアート。
うちわの骨で、家の壁や天井が覆われてるのです。面白いなあ。



c0201257_0515487.jpg

路地を歩いているうちに、私的一番のお宝を発見しました!

それは-



c0201257_0524371.jpg

オンバ!

オンバとは乳母車のことです。
男木島は坂道が多いので、住民の皆様はオンバに荷物を載せて、路地を行き交っているそう。

今回の芸術祭では、そんなオンバに注目が。
実際に使われているオンバが、修理やペイントを施されて作品となっちゃったのです!


実は私が今回の芸術祭で最初に男木島を訪問したのは、このオンバが理由でした。
日常品がアート化ってなんだか楽しいなあと思って♪ 実際に見てみたかったのです。

オンバファクトリーというところで、色々な種類のオンバを見ることができたので一部をここでもご紹介。
それではどうぞ!


c0201257_120615.jpg

こういうふうに色々な種類のオンバが、路地を行き交う姿を想像しただけで楽しくなっちゃいました♪



c0201257_124271.jpg

c0201257_1244446.jpg

c0201257_1245385.jpg

路地探索にわくわくし、アートに刺激を受けて、島の美しい風景にほっと一息ついて。
とても充実した気持ちのいい時間が流れて……



c0201257_1482445.jpg

そうして楽しい気持ちと心地よい疲れとともに、男木島を後にしたのでした。


長々とお付き合い、ありがとうございました!

路地好き、散策好き、アート好きに、写真好きに、男木島オススメです♪






にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by moonchocolate | 2010-08-03 13:13 | おでかけ