赤ちゃんと過ごす部屋作り.5 ―その後のゆかとベビー服収納―

c0201257_1630789.jpg

息子と過ごす部屋、以前とまた少し変わりました^^






以前書いた「赤ちゃんと過ごす部屋作り」シリーズ。
これを書いていたころ、息子は伝い歩きの状態でした。
その息子に合わせて作った部屋だったので、
息子が一人で歩けるようになり、よく動くようになると、この仕様では差支えが出るように。

というわけで、息子の成長に応じて部屋もまた変えていったので、改めて変化をまとめてみました。



c0201257_16334524.jpg

まずはゆか。
以前はフローリングの上にコルクマットを敷き詰めていました。

コルクマットは、見た目がシンプル、広範囲をカバーしてくれるので満足していたのですが
梅雨に入ってから、湿気の影響か数箇所浮き出してしまいました……
(床全部に敷き詰めないで、端に余裕のある敷き方なら浮き出すようなことはないと思います)

浮き出した部分から、息子がコルクマットをはがしては、折り曲げて遊ぶようになってしまい。
はがされた数多くのコルクマットをいちいち戻すのはなかなか面倒で^^;
かつ折り曲げられたことでひび割れてしまい、見た目も悪くなったので、敷き詰めるのは止めることに。

代わりに部屋の中心部に大きな低反発ラグを敷きました。
低反発ラグだけだと部屋が殺風景に見えたので、その上にまた別のラグを。
重ねて分厚くなったぶん寝転がると気持ちがいいようで、息子はこの上でよく転がるようになりました^^



c0201257_170359.jpg

ただラグだけでは部屋中の床をカバーできません。
息子はよく本棚の前で絵本を眺めているのですが、そこまでラグではカバーできず。
フローリングのままでは冷えるので、以前使ったコルクマットを再利用しました。

たまにはがされますが、成長したからか以前のように折り曲げることはなく。
また枚数も少ないため、はがされて戻すのもそう面倒ではないので、ここはこれでいいかと思っています。



c0201257_1765844.jpg

服の収納は以前と変わらず、無印良品のボックスに入れています。
ソファの下という位置も変わらずです。



息子と過ごす部屋、改めて振り返ってみると色々と変化があるものだな、と。
床一つとっても、フローリング(引っ越してきた当時)→畳マット
コルクマット→低反発ラグと、変化していて。
試行錯誤してきたことがよくわかりました(笑)
これからも家族の変化に応じて、部屋も変化していくんだろうなあ。

[PR]
by moonchocolate | 2014-04-21 17:42 | 暮らし