赤ちゃんと過ごす部屋作り.7 -猫との暮らし-

c0201257_15323551.jpg

息子がはいはいを始めた頃、ベビーゲートを設けました。






c0201257_15333771.jpg

我が家は大人二人と子ども一人と猫一匹暮らし。
息子が生まれるにあたって、猫との暮らし方も少しだけ考えました。

猫が赤ちゃんに手を出さないか、ベビーベッドを用意したほうがいいのかなど
猫の様子を見ながら、色々対応していこうと思っていたのですが、
結果、我が家の猫は息子を遠巻きに見るばかり。
たまに近寄ったかと思うと、そっと息子を匂うだけ。
というわけで、我が家の場合は赤ちゃんに対する猫の反応はとても薄く。
対策を練る必要はありませんでした。


とはいえ、息子の方は猫に興味津々。猫以外のものにも興味津々。
猫のために置いてあるキャットタワーに登られたら危険だし、
猫のごはんやお水に手を出されても困ります。
他にも触ってほしくないものもあるので、
息子が主に過ごす部屋との境にベビーゲートを設けたのでした。



c0201257_16162715.jpg

端は猫が通り抜けできるくらいの幅を開けています。



c0201257_16203578.jpg

ベビーゲート、いちいち跨がなくてはいけないので部屋移動は面倒だし、
インテリアを考えると、ちょっと残念な雰囲気にはなるんですけど^^;

でもベビーゲートがあることで、猫と息子、ほどよい距離感で過ごすことができているようだし
大人としても、触ってほしくないものに手を出されなくてすむので、
やはりしばらく我が家には必要だなと思います。


息子が成長して落ち着いたら、また自由にインテリアを楽しみたいなー^^



赤ちゃんと過ごす部屋作りの以前と変わった場所は以上になります。
お付合いいただいて、ありがとうございました^^

[PR]
by moonchocolate | 2014-05-23 16:41 | 暮らし